加入の手続きについて

共済期間が始まる4月1日よりも前に契約(予定)申し込みをします。 
【第1号様式の1】

※加入申込(予定)書は、3月31日までに投函(当日消印有効)します。
※緊急の場合のみ、FAXによる送付を受け付けます。

2

継続加入の場合は、前年度の共済契約申込書において、次年度の加入に関する欄に必要事項を記入します。 【第1号様式の2】

3

新年度開始後に、PTA運営委員会などにおいてその年度の加入を検討します。

4

PTAの方針として、PTA会員あるいは児童生徒等の「全員加入」、「希望者のみ加入」、あるいは「加入しない」を総会において決定します。

5

全員加入の場合は、総会等においてそのことが承認されたことを、議事録に残します。

6

「加入しない」以外の場合は、児童生徒等の保護者(PTA会員を含む)、教職員の方々に「熊本県PTA共済」の案内をします。加入希望の方からは、加入申込書及び共済掛金の提出をしていただきます。 【例:第2号様式の4】

7

要保護家庭、準要保護家庭の扱いについては、PTAから学校に委任します。
*  加入者一覧に該当する被共済者の数が記載されていれば、名簿には特別の記載は必要ありません。

8

PTA共済事務担当者は、以下を準備します。

契約申込書 【第1号様式の2 】
加入者一覧 【第1号様式の3】
加入者名簿(P災コース) 【第2号様式の1】
加入者名簿(安互コース) 【第2号様式の2 】

※PTA保護者会員の名簿は、加入する保護者会員について当該学校における児童生徒等の名簿をもって加入者名簿とします。
※児童生徒等あるいはPTA保護者会員が全員加入である場合に限り、加入者名簿の提出は必要ありません。(ただし、共済適用時に加入の確認をしますので、被共済者から提出された加入申込書はPTA等で保管してください。)

 ④  共済掛金
(加入申込書に記載された加入者分を準備します。)
 ⑤  準会員のある場合は、単位PTA規約を添付します。
(準会員規定の有無を確認するためです。)
9

加入手続き書類を郵送します。(手引きに添付の本財団あての封筒をご利用ください。)

10

共済掛金をゆうちょ銀行から振り込みます。

※手続きに添付の「ゆうちょ銀行振込用紙」を使います。
※口座からの振込みはしないでください。
※振り込み手続きが6月30日までに行われれば、共済期間は1年間となります。