事故が発生した場合には

1 単位PTAまたは所属特別団体を通して、事故報告を行います。(原則として発生から1ヶ月以内)
2 災害による治療が終了した時点で、単位PTAまたは所属団体を通して共済金の給付請求をします。
3 共済金給付に必要な文書をそろえます。(死亡届、障害診断書、診断および診療状況書、その他)
4 単位PTAまたは所属特別団体を通して、これらの文書を提出します。
5 一般財団法人 熊本県PTA教育振興財団審査委員会での審査を経て、共済金給付が決定された後、単位PTAまたは所属特別団体を通して、共済金が給付されます。
6 共済金給付は、1災害について1回のみです。治療途中で給付を受けた場合、追加の給付はありません。