児童生徒・指導者・PTA会員のための『災害共済』

学校生活、学校行事、PTA活動のなかでも、突発的な事故でけがをしたり、体調が悪くなったりして、医療機関での治療が必要になることがあります。熊本県PTA共済は、そのような方々に共済金を給付する制度です。

対 象 熊本県内の小学校・中学校・高等学校・特別支援学校・高等専門学校および特別団体におけるPTA活動、学校行事、部活動など、さまざまな教育活動中に発生した事故が対象になります。
対 象 熊本県内の小学校・中学校・高等学校・特別支援学校・高等専門学校および特別団体におけるPTA活動、学校行事、部活動など、さまざまな教育活動中に発生した事故が対象になります。

 

boy

たとえば、こんなときに…
・学校で転んで歯が折れた。
・登校中に交通事故にあった。
・PTAバザーの準備中に包丁で手を切った。
・学級対抗ミニバレー大会でアキレス腱を切った。
・運動会の片づけ中にテントでけがをした。
・夏休みプール開放に参加した帰り道でけがをした。 など 

いずれの場合も、被災者(共済加入者)の方は、災害の発生日から、原則としてその日を含めて30日以内に、単位PTAまたは所属特別団体の担当者に事故を通知していただくことで、給付金が給付されます。
いずれの場合も、被災者(共済加入者)の方は、災害の発生日から、原則としてその日を含めて30日以内に、単位PTAまたは所属特別団体の担当者に事故を通知していただくことで、給付金が給付されます。

 

詳しくは熊本県PTA共済のご案内へ